SPME-GC/MS(スキャン)による異臭成分の高感度分析

SPME-GC/MS(スキャン)による異臭成分の高感度分析

Pub.No. GCMS-201007NK-004

【要旨】

固相マイクロ抽出(SPME)-GC/MS による食品中異臭成分(クロロフェノール類及びカビ臭原因物質)の高感度分析を紹介します。ミネラルウォーターでは、クロロフェノール類100ppt 及びカビ臭原因物質1ppt において良好な分離及び感度が得られました。緑茶飲料でも概ね良好な結果が得られました。

分野 食品環境
キーワード 異臭、クロロフェノール類、カビ臭原因物質、ミネラルウォーター、緑茶、固相マイクロ抽出(SPME)、GC/MS 
掲載年月 2010/07
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 239kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
GC/MS システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

ミネラルウォーター異臭成分添加品(上図)及び無添加品(下図)のマスクロマトグラム