カビ臭原因物質を使用したSPMEファイバの性能比較試験

カビ臭原因物質を使用したSPMEファイバの性能比較試験

Pub.No. GC-MS-202005YS-001

【要旨】

カビ臭原因物質の分析方法として、パージアンドトラップ法やヘッドスペース法とともに、SPME(固相マイクロ抽出)ファイバを使用した方法が用いられています。SPMEは抽出が迅速かつ単純で、その簡便性から、カビ臭分析や異臭分析などで幅広く用いられています。 本アプリケーションノートでは、カビ臭の標準物質を使用してスペルコ社SPMEファイバと新しいアジレント社のSPMEファイバの性能比較を行ない、同等の性能であることを確認しました。

分野 環境
キーワード カビ臭、SPME、固相マイクロ抽出、HP-5MS UI、GC/MS 
掲載年月 2020/05
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 862kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)