GC/Q-TOF を用いた PICI による未知物質の分子組成決定

GC/Q-TOF を用いた PICI による未知物質の分子組成決定

Pub.No. GC-MS-201409OG-001

【要旨】

GC/MS 分析においてライブラリ検索に頼らない定性分析の需要が増しています。ライブラリにヒットしない未知物質の定性は、分子組成の決定と分子構造の推定の 2 段階がありますが、前者は高分解能 GC/MS を用い、ソフトイオン化で分子量関連イオンを生成させそれを同定することで可能になります。
本アプリケーションノートでは、メタンおよびメチルアミンを試薬ガスとして用いた正イオン化学イオン化 (Positive Ion Chemical Ionization: PICI) と GC/Q-TOF の組み合わせによる分子組成決定の可能性について検討しました。

分野 一般化学(スペシャリティケミカル)
キーワード 定性分析、分子組成決定、PICI、メチルアミン、GC/Q-TOF 
掲載年月 2014/09
ページ数 3ページ (PDFファイルサイズ 257kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7200B Q-TOF for GC/MS
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Type II の典型的スペクトル