トリプル四重極 GC/MS/MS による残留農薬スクリーニング MRM Screening

トリプル四重極 GC/MS/MS による残留農薬スクリーニング MRM Screening

Pub.No. GC-MS-201402SG-002

【要旨】

選択性に優れるトリプル四重極の MRM と農薬サロゲート物質を内標とした半定量メソッドを確立しました。抽出 → 精製した検液にサロゲート物質と擬似マトリックスを添加するだけで半定量をすることができるメソッドです。実際の農産物および果実抽出液に適用したところ、90 % 以上の農薬で添加濃度の 50 - 200 % の間で半定量値が算出されました。

分野 食品
キーワード トリプル四重極GC/MS、残留農薬スクリーニング、MRM Screening、半定量、農薬サロゲート物質 
掲載年月 2014/02
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 515kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7000C トリプル四重極 GC/MS システム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

しょうが中のアトラジンの分析例
左:SIM, 右:MRM,
上段:ブランクサンプル, 下段:添加(10ppb)サンプル