SPME-GC/MS 及び多変量解析による PET ボトル入り緑茶中の香気成分分析

SPME-GC/MS 及び多変量解析による PET ボトル入り緑茶中の香気成分分析

Pub.No. GC-MS-201401NK-002

【要旨】

固相マイクロ抽出 (SPME)-GC/MS による緑茶の香気成分の分析を紹介します。緑茶は香り成分の量が微量で、高感度な分析法が要求されます。今回は簡便で高感度なSPME法を前処理に用いました。また、得られた結果について、多変量解析を実施したところ、サンプルの分類、それを特徴づけている化合物を見出すことが可能でした。

分野 食品
キーワード SPME、緑茶、香気成分、多変量解析、GC/MS、Mass Profiler Professional、競合比較、サンプル比較、主成分分析 
掲載年月 2014/01
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 1.12MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Gerstel社 MPS2 多機能オートサンプラ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

緑茶の香気成分の TICC