自動サンプル前処理を用いた水系溶媒中のギ酸の分析 Agilent 7693A オートサンプラによる自動誘導体化

Pub.No. GC-202108YU-001

自動サンプル前処理を用いた水系溶媒中のギ酸の分析 Agilent 7693A オートサンプラによる自動誘導体化

Agilent 7693A オートサンプラ (ALS) と水素炎イオン化検出器 (FID) を搭載した Agilent 8890 GC で構成されるシステムを使用し、水系溶媒中のギ酸の自動サンプル前処理および GC/FID 測定を行いました。本アプーションノートでは、サンプル前処理で行う誘導体化から抽出の全工程を自動化しました。水溶液中のギ酸濃度 5-100 ppm の 5 点検量線の決定係数 (R2) が 0.999 以上となり、手作業と同等以上の再現性および検量線の直線性が得られました。

分野 エネルギー&石油
キーワード ギ酸、短鎖脂肪酸、自動前処理、誘導体化、サンプルプレップ、7693A 
掲載年月 2021/08
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 919kB)

[ 会員限定 ]
アプリケーションノートを見るにはログインしてください