パッケージ内の原料の迅速な同定 - 容器越しの空間オフセット型ラマン分光の適用

パッケージ内の原料の迅速な同定

Pub.No. 5994-2936JAJP

【要旨】

Agilent Vaya SORS ラマン分光装置により、パッケージ容器内の原料の同定を確認できました。この手法では、密接に関係のある低コストの類似物質が存在する場合でも、原料を即座に同定して誤出荷または意図的な置き換えを検出できます。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード ICH Q2(R1); raw material ID; material identification; pharma raw material testing; through packaging testing 
掲載年月 2021/02
ページ数 9ページ (PDFファイルサイズ 1.96MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)