Laser Direct ケミカルイメージングによる高速自動マイクロプラスチック分析

Laser Direct ケミカルイメージングによる高速自動マイクロプラスチック分析

Pub.No. 5994-2421JAJP

【要旨】

過去 65 年間に生産された 83 億トンのプラスチックの 75 % 以上が廃棄物になっていると推定されています。この廃棄物のうち最大 1300 万トンが毎年海に達し、最近の試算では、5.25 兆個を超えるプラスチック粒子が世界の海に浮遊していると推定されています。モデルによる予測では、海洋表層のプラスチック破片の約 14 % が、いわゆるマイクロプラスチック(多くの場合 1 μm ~ 5 mm の粒子とされます)として分類できます。粒子は、より大きな破片の UV による分解、機械的な分解、または生物学的分解によって形成されます。これらの推定値を検証し、今後の規制措置(カリフォルニア州上院法案 1422 など)や指令(MSFD、2008/56/EC)に対応するために、正確で時間効率が良く、堅牢な分析ワークフローと手法が必要とされています。本研究では、レーザー直接赤外線イメージングによる革新的なマイクロプラスチック分析ワークフローを紹介します。

分野 環境
キーワード microplastics; marine plastics; plastics in ocean; measuring microplastics 
掲載年月 2020/11
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.43MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)