HPLC が環境に及ぼす影響の評価

HPLC が環境に及ぼす影響の評価

Pub.No. 5994-2335JAJP

【要旨】

環境面における持続可能性について、多くの企業が指針に盛り込んで目標に掲げています。資源集約的スペースであるラボは、持続可能性の向上に向けた取り組みによって改善が可能なホットスポットです。非営利組織 My Green Lab は、ラボ製品の環境への影響に関する情報の伝達と評価のため、ラボ用電気製品に関するさまざまな要因、特にエネルギー消費を検討する ACT ラベルを設けました。この技術概要では、ACT ラベルを付与された 4 種類の Agilent LC システムのエネルギー消費と、1 サンプルあたりのエネルギー消費について詳しく説明しています。購買決定の環境的影響を評価し、企業が掲げる持続可能性の目標を達成するには、ラボの科学者たちが LC の総エネルギー消費量を把握することが重要です。しかし、さらに重要なのが、測定する 1 サンプルあたりのエネルギー消費量を把握することです。

分野 環境
キーワード Agilent 1290 Infinity II LC; Agilent 1260 Infinity II LC; Agilent 1220 Infinity II LC; energy consumption Language: English 
掲載年月 2020/11
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 935kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)