プレガバリンの LC による自動分析

プレガバリンに関する2 つの USP メソッドを1 台の LC で自動分析

Pub.No. 5994-2173JAJP

【要旨】

米国薬局方(USP)のプレガバリンに関する医薬品添付文書(製品モノグラフ)には、エナンチオマー 純度の測定およびプレガバリンの測定を目的としたさまざまな高速液体クロマトグラフィー(HPLC)メ ソッドが記載されています。本アプリケーションノートでは、カラム選択バルブを備えた Agilent 1260 Infinity II Prime LC による、USP 準拠のプレガバリンの測定性能とエナンチオマー純度の測定につい て説明します。どちらの分析も、手動介入を必要とせずに 1 台の LC システムで実行できます。さらに、 プレガバリンのエナンチオマー純度の測定とプレガバリンの測定を、USP ガイドラインの第 621 章に 従って UHPLC 条件に移管します。これにより、時間の短縮と溶媒の削減が実現できます。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード USP、 Pregabalin、 Agilent、 1260、 Infinity II、 Prime LC 
掲載年月 2020/10
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.65MB)

ログイン会員限定