Agilent MassHunter Optimizer を用いたUS EPA 8270 準拠のGC/TQ MRM メソッドの開発

Agilent MassHunter Optimizer を用いたUS EPA 8270 準拠のGC/TQ MRM メソッドの開発

Pub.No. 5994-2086JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、GC/TQ 用 Agilent MassHunter Optimizer を用いて、マルチプルリアクションモニタリング(MRM)データ取り込みメソッドをほぼ自動で全面的に開発できることを実証します。GC/TQ Optimizer は、スペクトルデータのデコンボリューションによって、クロマトグラフィーによる干渉がある場合でも、プリカーサイオンを確実に同定します。このツールにより、 MRMデータ取り込みメソッドの開発時間を大幅に短縮できると同時に、手作業による確認を減らせます。MRM メソッド開発におけるプロセスを調査し共溶出の影響を評価するために、米国環境保護庁(EPA)メソッド 8270 に関係する 83 種類の化合物の混合物を使用しました。

分野 環境
キーワード Agilent MassHunter Optimizer for GC/TQ; Agilent 7890B GC; Agilent 7000D triple quadrupole GC/MS; GC/TQ; MRM method development 
掲載年月 2020/07
ページ数 12ページ (PDFファイルサイズ 2.57MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)