マイクロプラスチックの高速かつ簡易な分析:赤外ケミカルイメージングシステムを用いた高速自動化ワークフロー

マイクロプラスチックの高速かつ簡易な分析:赤外ケミカルイメージングシステムを用いた高速自動化ワークフロー

Pub.No. 5994-1584JAJP

【要旨】

環境中に存在するマイクロプラスチックが生態系や食物連鎖内に侵入していることが指摘されています。そのため、マイクロプラスチックは急速に注目を集めています。さまざまな研究機関が、マイクロプラスチックの化学的特性、サイズ、形状、総質量の解析に適した分析ソリューションの開発に取り組んでいます。 量子カスケードレーザー(QCL)技術を用いる赤外ケミカルイメージングという新しいアプローチでは、高速自動化ワークフローによりマイクロプラスチックの分析が大幅に簡素化されます。効率的な測定が可能なため、従来の分析手法と比較して非常に短い時間で、簡単にマイクロプラスチックの解析を実行できます。

分野 環境
キーワード microplastics; plastics in environment; environmental plastics; plastic pollution; aquatic plastics 
掲載年月 2020/02
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 2.81MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)