ヘッドスペースと GC/MSD を用いた大麻中のテルペンとテルペノイド含有量の分析

ヘッドスペースと GC/MSD を用いた大麻中のテルペンとテルペノイド含有量の分析

Pub.No. 5994-1497JAJP

【要旨】

テルペンとテルペノイドは、植物種によって生成される化合物であり、自然環境に広く存在しています。この化合物の多くは花粉媒介者を引き寄せ、害虫を寄せ付けず、成長周期全体を通して適応を手助けします。また、テルペンは、大麻植物によって生成される他の物質とともに、関心の対象になっています。テルペンは通常、大麻を医療用または嗜好用に消費する人々の間で、その効果を高めるために販売されているためです。Agilent 5977A シリーズシングル四重極質量選択検出器とサンプル導入用の Agilent 7697Aヘッドスペースサンプラを含む、Agilent 8890 GC システムは、指定したサンプル中のテルペンを簡単に分離、同定、および定量できます。

分野 製薬/バイオ医薬品法医学
キーワード terpenes、 8890、 GC/MS、 Headspace 
掲載年月 2020/08
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.08MB)

ログイン会員限定