GC-FID による香料サンプルの品質管理:Agilent 7890 GC から Agilent Intuvo 9000 GC へのメソッド移管

GC-FID による香料サンプルの品質管理:Agilent 7890 GC から Agilent Intuvo 9000 GC へのメソッド移管

Pub.No. 5994-1382JAJP

【要旨】

エッセンシャルオイル、香料、香水の品質管理では一般的に、GC-FID 分析が用いられます。重要な GC性能の基準は、分離能、リテンションタイムとインデックスの安定性、サンプルスループットです。このアプリケーションノートでは、Agilent 7890 GC で開発したリファレンスメソッドの Agilent Intuvo 9000GC への移管を、代表的な香料とエッセンシャルオイルのサンプルで得られたデータの比較を用いて説明します。Intuvo 9000 GC でもデータの質は変わらずに保たれており、短いナローボアカラムカラムの使用によりサンプルスループットの向上が可能になることが示されました。

分野 食品
キーワード 9000GC、 fragrances、 method transfer、 intuvo、 7890、 essential oil、 GC、  
掲載年月 2020/04
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 974kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)