Agilent 8890 GC と 4 つの検出器による果実および野菜中の有機リン系および有機塩素系農薬の分析

Agilent 8890 GC と 4 つの検出器による果実および野菜中の有機リン系および有機塩素系農薬の分析

Pub.No. 5994-1215JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、中国の規格 NY/T 761-2008 1 に準拠して、果実および野菜中の有機リン系および有機塩素系残留農薬を測定するための効果的で信頼性の高い分析メソッドについて説明します。パージなしの 2 ウェイのキャピラリ・フロー・テクノロジー (CFT) デバイスを使用して、サンプルを 1:1 で 2 本のカラムへ分割した後に、それぞれを 2 つの検出器で検出しました。このアプリケーションノートでは、NY/T 761-2008 に記載されている従来の前処理手順と比較して簡素化された QuEChERS メソッドを使用して、十分なサンプルマトリックスクリーンアップを行うと同時に低濃度の成分の検出を行いました。Agilent 8890 GC システムと 4 つの検出器を使用し、有機リン系および有機塩素系農薬の両方について、面積の再現性、直線性、回収率を評価しました。

分野 食品
キーワード organophosphorus、 organochlorine、 pesticides 
掲載年月 2019/10
ページ数 14ページ (PDFファイルサイズ 1.51MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)