UV-Vis による医薬品分析:USP Chapter <857> および欧州薬局方(Ph. Eur. Chapter 2.2.25)への準拠

UV-Vis による医薬品分析:USP Chapter <857> および欧州薬局方(Ph. Eur. Chapter 2.2.25)への準拠

Pub.No. 5994-1188JAJP

【要旨】

Agilent Cary 3500 UV-Vis による各国薬局方への適合: UV-Vis 分光法は、品質保証/品質管理(QA/QC)や医薬品研究の分野で広く使用されている分析技法です。このような環境にあるすべてのラボでは、ラボ運用のための適切な管理を確立し、システム適合性試験(SST)や標準操作手順書(SOP)を含む医薬品適正製造基準(GMP)文書を確実に利用および遵守できることが重要です。米国薬局方(USP)と欧州薬局方(Ph. Eur.)のガイドラインでは、UV-Vis 分光光度計の分析性能が、分析目的の操作範囲に適合していることを検証する方法を説明しています。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード pharmacopeia; UV-Vis; USP <857>; USP857; USP 857; EU 2.2.25; UV tests; UV pharmacopeia tests 
掲載年月 2020/06
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 2.06MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)