塩形態不純物を含むワルファリン錠剤の透過型ラマン分光による定量分析

塩形態不純物を含むワルファリン錠剤の透過型ラマン分光による定量分析

Pub.No. 5994-0904JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、インタクト医薬品剤中に 0.5 % w/w で含まれるワルファリンを、透過型ラマン分光 (TRS) を用いて測定時間 20 秒で定量する研究について説明します1。TRS により、サンプルの前処理なしで 2 つの形態のワルファリンを区別して定量できます。従来のクロマトグラフィー技法では、溶媒和によって形態情報が破壊されてしまうため、このような分析はできません。TRS を使用すると、含量均一性試験や結晶多形分析において、固形経口剤型の医薬品の高速かつ自動の非破壊定量バルク分析が可能になります。

分野 材料試験・研究
キーワード Warfarin、 transmission Raman spectroscopy、 Agilent TRS 100、 API quantification、 pharmaceutical analysis 
掲載年月 2019/06
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 1.01MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)