トリプル四重極 GC/MS システムによるイチゴ中の US EPA 許容レベルの農薬の定量分析

トリプル四重極 GC/MS システムによるイチゴ中の US EPA 許容レベルの農薬の定量分析

Pub.No. 5994-0799JAJP

【要旨】

US EPA が 10 ~ 25,000 ppb の許容値を規定した、イチゴ中の農薬濃度の測定に対する適合性を試験するために、Agilent 8890 ガスクロマトグラフを Agilent 7000D および 7010B トリプル四重極質量分析装置と組み合わせて使用しました。パルスドスプリットレス注入およびミッドカラムバックフラッシュの最適化を簡単にするための機器構成を選択し、農薬および環境汚染 MRM データベースに対してリテンションタイムロッキング(RTL)を使用しました。イチゴのサンプルは地域の食料品店で購入して、ワークフローを評価しました。入手元の異なる 12 のイチゴで定量された農薬のターゲットリストは、Agilent 5977 シリーズ GC/MSD および Agilent 7250 GC/Q-TOF システムによるサンプルのスクリーニング結果に基づいて決定しました。

分野 食品
キーワード 8890/7000D、 8890/7010B、 triple quadrupole gcms、 triple quad gcms、 Gas Spectometry、 Mas Spec、 epa us method #EPA 
掲載年月 2020/07
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 772kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)