下水汚泥における環境汚染物質のターゲット化合物の定量とサスペクト化合物のスクリーニングの同時実行

下水汚泥における環境汚染物質のターゲット化合物の定量とサスペクト化合物のスクリーニングの同時実行

Pub.No. 5994-0750JAJP

【要旨】

環境汚染物質のリストは拡大しており、規制はますます厳しくなっています。さまざまな環境機関が、高速、高精度、高感度の分析ツールを必要としています。このアプリケーションノートでは、Agilent 6546 LC/Q-TOF MS システムによる定量とスクリーニングを組み合わせたワークフローを評価します。6546 は、広いダイナミックレンジと高質量分解能を兼ね備えており、取り込みスピードも優れています。アジレントのパーソナル化合物データベースライブラリ (PCDL) の十分に精査された MS/MS スペクトルとリテンションタイム、そして更新されたMassHunter Quantitative Analysis ソフトウェアと組み合わせることで、ターゲット化合物のシームレ スな定量と同時に、サスペクト化合物のスクリーニング機能を実行するワークフローが実現します。ソフトウェアの拡張とハードウェア機能によって、規制化合物の高速かつシンプルな定量が可能になり、一度の注入で何千もの汚染物質をスクリーニングできます。

分野 環境
キーワード Agilent 6546 Q-TOF LC/MS、 PFAS、 environmental、 screening、 quantitation 
掲載年月 2019/06
ページ数 12ページ (PDFファイルサイズ 1.43MB)

ログイン会員限定