7000 シリーズトリプル四重極 GC/MS によるMRM モードでの EPA 8270D/E 用高速メソッド

7000 シリーズトリプル四重極 GC/MS によるMRM モードでの EPA 8270D/E 用高速メソッド

Pub.No. 5994-0691JAJP

【要旨】

Agilent 7000 シリーズトリプル四重極 GC/MS システムによるマルチプルリアクションモニタリング(MRM) モードでの EPA 8270D/E 用高速メソッドを開発しました。感度が向上したうえに MRM が提供する選択性が高まったため、SIM または抽出イオンをスキャンモードで使用する際に、存在する可能性のあるマトリックス干渉を除去することで、高速なバッチ確認を実現しています。このメソッドは、1 回10 分の分析で検量範囲が 0.02 ~ 160 ppm のキャリブレーションの性能要件を満たしています。初回のキャリブレーションにおける化合物の %RSD が小さいため、長期にわたり持続的なキャリブレーションでの使用が可能と予想され、運用コストを削減できます。GC/MS による半揮発性有機化合物の分析に関してここで説明する手法は、米国 EPA メソッド 8270D/E と世界の他の地域でも適用可能です。

分野 環境
キーワード 7000 Series Triple Quadrupole GC/MS、 EPA 8270 in MRM Mode、 triple quad gcms、 mass Spectometry 
掲載年月 2019/06
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 790kB)

ログイン会員限定