Captiva EMR-Lipid クリーンアップと GC/MS/MSによるサケと牛肉に含まれる 19 種類の多環芳香族炭化水素化合物の測定

サケと牛肉に含まれる 19 種類の多環芳香族炭化水素化合物の測定

Pub.No. 5994-0553JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、サケと牛肉に含まれる多環芳香族炭化水素 (PAH) 残留物の多成分残留分析メソッドの開発と検証について説明します。このメソッドでは、固液抽出の後に Agilent Captiva EMR-Lipid クリーンアップと GC/MS/MS による分析を使用します。サケや牛肉のサンプルは、固液抽出 (SoLE) で抽出した後、Captiva EMR-Lipid クリーンアップを実行しました。次に、クリーンアップしたサンプル溶出液をイソオクタンで逆抽出し、GC/MS/MS 分析の前に脱水しました。酢酸エチルとアセトニトリルの混合物による 2 段階の SoLE によって、脂肪の多い食品マトリックスからの PAH の抽出効率を高めました。Agilent Captiva EMR-Lipid カートリッジによって、サケと牛肉のサンプルマトリックスを効率的かつ選択的にクリーンアップし、開発したメソッドを検証しました。

分野 食品環境
キーワード Polycyclic Aromatic Hydrocarbon compunds、 PAHs、 salmon、 beef、 food analysis、 GC/MS/MS、 Captiva EMR-Lipid、 cleanup、 sample preparation 
掲載年月 2019/02
ページ数 12ページ (PDFファイルサイズ 998kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)