PSD を用いた Agilent 8890 GCシステムによるバックフラッシュ

PSD を用いた Agilent 8890 GCシステムによるバックフラッシュ

Pub.No. 5994-0550JAJP

【要旨】

Agilent 8890 シリーズ GC でキャピラリ・フロー・テクノロジー Deans スイッチを利用し、水素炎イオン化検出器、炎光光度検出器の 2 種類の検出器を使用して、重質炭化水素留分 (残渣燃料油) を分析しました。通常、残渣燃料油には C10 ~ C70 の炭化水素と大量の硫黄含有成分が含まれます。過度なカラムの焼きだし時間をとることなくキャリーオーバーを避けるには、バックフラッシュを使用する必要があります。ニューマティクス切り替えデバイス (PSD) と呼ばれるエレクトロニックニューマティクスコントロール (EPC) を用いて、単一のクロマトグラフィーメソッドで Deans スイッチとバックフラッシュを両方実現しました。

分野 エネルギー&石油
キーワード キャピラリ・フロー・テクノロジー、 Deans、 スイッチ、 8890、 GC、 FID、 FPD、 SCD、 炭化水素留分 
掲載年月 2019/02
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 1011kB)

ログイン会員限定