ASTM D2887 加速メソッドを用いた中間留分の疑似蒸留分析

ASTM D2887 加速メソッドを用いた中間留分の疑似蒸留分析

Pub.No. 5994-0548JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、ASTM D2887B で指定されたキャピラリカラム 3 種それぞれを用いて同メソッドを実行する場合の Agilent 8890 ガスクロマトグラフの性能について説明します。試験対象の各構成で、主な性能基準が容易に満たされました。

分野 エネルギー&石油
キーワード GC、 8890、 ASTM、 D2887B、 GCカラム、擬似蒸留 
掲載年月 2019/02
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.05MB)

ログイン会員限定