Agilent 8890 GC/5977B GC/MSD複合システムを用いた飲料水メソッドのエンドリンと DDT の安定性の研究

Agilent 8890 GC/5977B GC/MSD複合システムを用いた飲料水メソッドのエンドリンと DDT の安定性の研究

Pub.No. 5994-0444JAJP

【要旨】

有機塩素系農薬のエンドリンと 4,4'-DDT は、ガスクロマトグラフ (GC) システムの流路の不活性度と清浄度の測定に使用されています。定量分析の前に機器の不活性度を確認するために、米国環境保護庁 (US EPA) ではエンドリンと 4,4'-DDT の試験を組み合わせたメソッドを規定しています。本アプリケーションノートでは、Agilent 8890 GC が US EPA メソッド 525.2 およびメソッド 525.3 に基づく機器性能のチェック基準や、飲料水の品質に関する他の内部基準を満たすことを実証します。

分野 環境
キーワード 水質、飲料水、GC、8890、 5977、 ddt、  
掲載年月 2019/02
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 627kB)

ログイン会員限定