Cary 3500 化学反応に対する温度の影響を評価する高速メソッド

Cary 3500 化学反応に対する温度の影響を評価する高速メソッド

Pub.No. 5994-0385JAJP

【要旨】

多くのライフサイエンスおよび化学分析アプリケーションにおいて、反応プロセスのダイナミクスを十分に理解することが求められています。温度、pH、圧力、追加の化学成分や高分子の存在といった可変性要素が、反応速度に大きく影響する場合があります。こうしたパラメータの影響を理解することが重要なアプリケーションは多岐にわたり、例えば酵素の特性解析、化学合成、食品製造のほか、製品の保管や安定性の条件の最適化を重視する産業などが挙げられます。反応のカイネティクス測定による特性 解析と定量には通常、UV-Vis 分光光度計が使用されます。これは、吸光度の変化を継続して測定することによって経時的な濃度変化を求めることができるためです。 近年の昇温機能を有する分光光度計の進歩により、大幅な時間短縮とより高精度な温度制御が可能になりました。Agilent Cary 3500 マルチゾーン UV-Vis 分光光度計を使用すると、1 回の実験でサンプルを 4 つの異なる温度で測定できます

分野 製薬/バイオ医薬品材料試験・研究
キーワード kinetics; kinetics studies; absorbance vs temperature; chemical reactions; temperature effect on reactions; multiple experiments; simultaneous experiments 
掲載年月 2018/12
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 653kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)