Agilent Captiva EMR-Lipid と LC/MS/MS による豚肉およびブタ肝臓中のホルムアミジン系農薬および代謝物の分析

Agilent Captiva EMR-Lipid と LC/MS/MS による豚肉およびブタ肝臓中のホルムアミジン系農薬および代謝物の分析

Pub.No. 5994-0357JAJP

【要旨】

ホルムアミジン系農薬は農作物や家畜の害虫防除に広く使用されており、動物由来食品の安全性における潜在的なリスクとなっています。このアプリケーションノートでは、豚肉やブタ肝臓中のアミトラズ、クロロジメホルム、およびこれらの代謝物の残留物分析において、QuEChERS 抽出の後に Agilent CaptivaEMR-Lipid クリーンアップを使用する、信頼性が高い堅牢なメソッドを解説します。このメソッドは、4 つの分析対象物についてすべてのレベルで優れた真度 (> 60.0 %) と精度 (RSD < 12 %) を実現しているた め、高脂質サンプルの高速かつ効率的な分析を提供します。

分野 食品環境
キーワード AdvanceBio SEC、 SEC、 Biopharma and Therapeutic Proteins、 IgG、 Human IgG、 Antibody drug conjugate、 proteins、 AdvanceBio SEC 300 Å、 AdvanceBio SEC 130 Å、 HPLC、 1260 Infinity bio-inert 
掲載年月 2018/11
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 795kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)