AdvanceBio HIC カラムによるモノクローナル抗体 (mAb) の変異体分析

AdvanceBio HIC カラムによるモノクローナル抗体 (mAb) の変異体分析

Pub.No. 5994-0199JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、Agilent AdvanceBio HIC カラムを用いて、酸化したモノクローナル抗体 (mAb) の変異体を、ネイティブ型から分離する方法について紹介します。メチオニン、システイン、およびトリプトファンなどの露出したアミノ酸側鎖残基の酸化は、mAb における一般的な分解経路であり、バイオテクノロジーにおける重要な分析的課題を提示します。 AdvanceBio HIC カラムは、未修飾体からの酸化した mAb 変異体の分離において優れた性能を提供し、mAb をサブユニットまたは他のサンプル前処理メソッドで消化することなく、酸化種を分解することが可能です。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード AdvanceBio、 AdvanceBio HIC、 hydrophobic interaction chromatography、 HIC、 monoclonal antibody、 mAb 、 mAb oxidation 、 NIST mAb、 mAb oxidizied varaints 
掲載年月 2018/09
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 749kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)