モバイル FTIR および FTIR イメージング技術によるマイクロプラスチックの解析と同定

モバイル FTIR および FTIR イメージング技術によるマイクロプラスチックの解析と同定

Pub.No. 5991-9485JAJP

【要旨】

マイクロプラスチック (1 μm~ 5 mm サイズ) による水域、土壌、空気、食品の汚染に対する関心が高まっています。これは主に、環境や人体への悪影響の可能性が顕在化しつつあるためです。 世界中の研究者が、マイクロプラスチック微粒子の化学的同定、サイズ、形状、総質量の解析に最適な分析ソリューションの標準化に取り組んでいます。モバイル FTIR および FTIR イメージング技術によるサンプル前処理、データ測定、分析用のプロトコルも開発されています。マクロ粒子 (5 mm より大きい) は、採取時にモバイル FTIR によって迅速に解析して化学的に同定できます。一方で約 10 μm の小さいマイクロ粒子は、ラボでの FTIR イメージングによって分析できます。マイクロプラスチック汚染の問題に取り組むには、正確で信頼性の高い測定が必要です。

分野 環境食品
キーワード microplastics、 nanoplastics、 plastic pollution、 marine plastics、 marine pollution 
掲載年月 2019/02
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 800kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)