生産現場における光学部品の無人自動測定:分析時間の短縮と測定効率の向上

生産現場における光学部品の無人自動測定:分析時間の短縮と測定効率の向上

Pub.No. 5991-9339JAJP

【要旨】

Cary 7000 多角度可変自動測定分光光度計 (UMS) は、薄膜、コーティング、光学部品などの固体サンプルをさまざまな入射角度で測定および特性解析するために設計されています。Cary 多角度可変自動測定アクセサリ (UMA) は、Cary 4000/5000/6000i 分光光度計に取り付けて同等レベルの測定を実現するオプションアクセサリです。 ルーチンオペレータや光学技術者用に設計されており、Cary WinUV ソフトウェアとともに使用することで、厳格な品質保証プログラムが実行できます。光学製品企業は、これらの機器を用いてレスポンスタイムを短縮し、部品あたりのテストのコストを削減できるため、競争力を高めることができます。自動化の拡大、手動での操作の低減、サンプルセット間の再設定の時間短縮により、迅速かつ容易な多角度測定が実現します。

分野 材料試験・研究
キーワード optics、 solid samples、 UV measurements、 thin film filters、 bandpass filters、 spectronics、 photonics 
掲載年月 2018/07
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 631kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)