紅茶および蜂蜜中の農薬に関する欧州連合の 最大許容残留量規制への適合

紅茶および蜂蜜中の農薬に関する欧州連合の 最大許容残留量規制への適合

Pub.No. 5991-9238JAJP

【要旨】

農薬の使用拡大に伴い、残留農薬に対する環境問題専門家、規制機関、および消費者の懸念が高まっています。農薬の分析 は複雑であるため、要求される定量下限と MRL 範囲を得るには、妥当な直線範囲と低い検出下限を実現可能な多成分残留農薬用の定量メソッドが必要です。この理由から、低濃度の農薬のスクリーニング、確認、および定量には、タンデム質量分析計 (MS/MS) が有効です。このアプリケーションノートでは、Agilent Intuvo 9000 ガスクロマトグラフ (GC) および Agilent 7000C トリプル四重極ガスクロマトグラフィー/質量分析 (GC/MS) システムによるルーズリーフ紅茶と有機蜂蜜の多成分残留農薬の分析を評価します。

分野 食品環境
キーワード Multiresidue pesticide、 Intuvo、 9000、 7000C、 triple quadrupole GC/MS、 GC/MS/MS、 GC/QQQ、 Pesticide、 QuEChERS、 Dispersive SPE、 Tea、 Honey、 HP-5MS UI 
掲載年月 2018/11
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 696kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)