インタクトおよび脱グリコシル化抗体薬物複合体の薬物抗体比の効率的な測定ワークフロー

インタクトおよび脱グリコシル化抗体薬物複合体の薬物抗体比の効率的な測定ワークフロー

Pub.No. 5991-9010JAJP

【要旨】

抗体薬物複合体 (ADC) は、急成長している生体分子医薬品であり、合成リンカーによって低分子医薬品に結合されたモノクローナル抗体 (mAb) で構成されています。結合された薬物と mAb の比 (薬物抗体比: DAR) は、ADC 開発の重要な品質特性の 1 つです 。生体内の DAR 分布の変化をモニタリングすることにより、ADC の生体内分解 (例えば薬物の脱結合) に対する重要な理解を得ることができますが、LC/MS で実行される平均 DAR や DAR分布の測定では、複雑なマトリックス (例えば血清/血漿) からの ADC の親和性捕捉や精製済み抗体の脱グリコシル化など、煩雑でミスが起きやすいサンプル前処理手順が必要です。 本アプリケーションノートでは、AssayMAP Bravo を Agilent 6545XT AdvanceBio LC/Q-TOF、Agilent BioConfirm DAR Calculator ソフトウェアと組み合わせて使用する効率的な ADC DAR ワークフローを紹介します。このワークフローは導入が容易で再現性が高く、拡張性に優れ、手作業の時間を最小に短縮します

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード AssayMAP Bravo、 automation、 protein sample preparation、 antibody-drug conjugate (ADC)、 drug-to-antibody ratio (DAR)、 affinity purification、 deglycosylation、 mass spectrometry、 6545XT、 Streptavidin cartridge、 HER2 ECD、 Trastuzumab emtansine、 SA-W、 1290、 In 
掲載年月 2019/03
ページ数 12ページ (PDFファイルサイズ 2.86MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)