Agilent Intuvo 9000 デュアルECD GC システムを用いた有機塩素系農薬分析

Agilent Intuvo 9000 デュアルECD GC システムを用いた有機塩素系農薬分析

Pub.No. 5991-9000JAJP

【要旨】

Agilent Intuvo 9000 GC システムは、塩素系農薬の CLP ガイドラインに基づいたシンプルでわかりやすい評価方法を提供します。ターゲット化合物 20 種に対する適切な分離度は 30 分および 11分の両メソッドで達成されました。エンドリンと DDT は許容可能な分解レベルであり、システム不活性度を実証しました。エンドリンレベルは 100 回注入後にメソッド限界に達しましたが、注入口メンテナンス (注入口ライナおよびセプタムの交換) を行ったところ、分解はメソッド限界内に戻りました。

分野 環境
キーワード organochlorine pesticides、 Intuvo 9000 GC、 dual ECD、 CLP、 inlet splitter 
掲載年月 2018/08
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 620kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)