ハンドヘルド型 SORS システムAgilent Resolve による有害な麻薬性物質および新種の向精神薬 (NPS) の検出

ハンドヘルド型 SORS システムAgilent Resolve による有害な麻薬性物質および新種の向精神薬 (NPS) の検出

Pub.No. 5991-8877JAJP

【要旨】

Agilent Resolve ラマンハンドヘルド透過型同定システムでは、アジレント独自の空間オフセット型ラマン分光 (SORS) 技術によって、1 つまたは複数の遮蔽物に隠された有害物質、爆発物、麻薬性物質を同定できます。これらの遮蔽物には、色付の不透明なプラスチック、ガラス、紙、ボール紙、包装材、布地などがあります。 SORS、高いデータ品質、蛍光干渉の減少、および新種の向精神薬 (NPS) が継続的に登録されるライブラリを組み合わせた Resolve システムは、規制物質の検出と同定に最適なツールです。

分野 法医学国土安全保障
キーワード Resolve、 Resolve library、 compound identification、 hazardous narcotics、 new psychoactive subatances、 NPS、 through barrier measurment、 spatially offset raman spectroscopy、 SORS 
掲載年月 2018/08
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 625kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)