ハンドヘルド型 SORS システムAgilent Resolve による高感度爆発物のスクリーニング

ハンドヘルド型 SORS システムAgilent Resolve による高感度爆発物のスクリーニング

Pub.No. 5991-8871JAJP

【要旨】

高感度物質 (起爆剤や黒色火薬など) をレーザーベースのハンドヘルドラマン機器で分析すると、物質の爆発または爆燃という大きなリスクが発生する可能性があります。この手順には、安全上のリスクがあります。爆発や爆燃は、ラマンシステムの大半で発生するレーザースポットの高出力密度による、物質の局部加熱が原因で発生する場合があります。レーザースポットの直径は通常は数十から数百ミクロンですが、Resolve のレーザースポットは独自の光学設計により、これよりずっと大きくなっています。

分野 国土安全保障
キーワード Resolve、 compound identification、 sensitive explosives detection、 through barrier measurment、 spatially offset raman spectroscopy、 SORS 
掲載年月 2018/08
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 723kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)