透過型ラマン分光を用いた複数の API を含有する錠剤の定量

透過型ラマン分光を用いた複数の API を含有する錠剤の定量

Pub.No. 5991-8858JAJP

【要旨】

最終投与形態の医薬品中の複数の成分を 1 回の高速非破壊的測定で予測する機能により、大幅なコスト削減と分析時間の短縮が可能になります。これは特に、含量均一性試験、分析、同定 (ID) などの試験で複数の医薬品有効成分 (API) の定量が必要な場合にメリットがあります。ここでは、一般的な風邪およびインフルエンザ向けの製品に基づいて、5 つの成分 (3 つの API と 2 つの賦形剤) の定量を 9 秒の測定で実施した例について示します。API の公称濃度は 1 ~ 85 % w/w の範囲でした。

分野 製薬/バイオ医薬品材料試験・研究
キーワード Transmission raman spectroscopy、 nondestrutive measurment、 auantification、 active pharmaceutical ingredients 
掲載年月 2018/08
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 1020kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)