親水性相互作用液体クロマトグラフィー (HILIC) とLC/MS によるパラコートとジクワットの高速分離

親水性相互作用液体クロマトグラフィー (HILIC) とLC/MS によるパラコートとジクワットの高速分離

Pub.No. 5991-8830JAJP

【要旨】

このアプリケーションノートでは、次世代の Agilent InfinityLab Poroshell 120 HILIC-Z カラムと親水性相互作用液体クロマトグラフィー (HILIC) を用いて、特に分析が困難なパラコートとジクワットのペアを分離する方法について説明します。パラコートとジクワットは、含有する 2 つの 4 級アンモニウム基が原因で高極性になるため、逆相クロマトグラフィーでは保持や分離が簡単には行えません。従来は、これらの化合物の保持を誘発するために、一般的にイオンペアリング剤が用いられていました。しかし、この手 法は、システムの汚染、高いバックグラウンド、シグナルの抑制などの制限によって悪影響を受けるため、これらの問題を解決するために、HILIC カラムを用いて分析をしました。

分野 環境食品
キーワード Paraquat、 Diquat、 Quats、 herbicide、 pesticide、 zwitterion、 Hydrophilic Interaction Chromatography、 HILIC、 Poroshell HILIC、 HILIC-Z、 MS、 Mass Spectrometry、 LC/MS、 LC/QQQ、 Infinity II、 6470 
掲載年月 2018/05
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 592kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)