Agilent Captiva EMR-Lipid と LC-MS/MS による生体サンプル中のペル/ポリフルオロアルキル化合物 (PFAS) の分析

Agilent Captiva EMR-Lipid と LC-MS/MS による生体サンプル中のペル/ポリフルオロアルキル化合物 (PFAS) の分析

Pub.No. 5991-8656JAJP

【要旨】

ペル/ポリフルオロアルキル化合物 (PFAS) の LC-MS/MS 分析の前の効率的なサンプル前処理は、多成分残留分析を行う環境汚染分析ラボにとって、重要な検討事項です。血漿サンプルの LC-MS/MS 分析におけるマトリックス効果の主な原因は、リン脂質 (PPL) であることがわかっています。このアプリケーションノートでは、ウェル内 PPT の後に Agilent Captiva EMR-Lipid カートリッジで PPL を除去して、PFAS の血漿サンプル前処理および LC-MS/MS 分析をする方法を説明します。

分野 環境
キーワード サンプル前処理、Captiva、 LC/MS、 LC/MS/MS、 EMR、  
掲載年月 2018/04
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 856kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)