Agilent 8700 LDIRケミカルイメージングシステムによる多層錠剤の特性解析

Agilent 8700 LDIRケミカルイメージングシステムによる多層錠剤の特性解析

Pub.No. 5991-7825JAJP

【要旨】

多層錠剤の製剤では、層の分離、層間の汚染、圧力による有効成分の劣化、製剤の複雑化による純度の低下などの問題が発生する場合があります。Agilent 8700 LDIR ケミカルイメージングシステムは、多層剤形の層間および層内の相互作用の評価に適しています。このシステムでは、錠剤の成分分布 (速度制御用ポリマー/化合物が各層に正しく分布しているかなど) がわかります。8700 LDIR は分析速度と空間分解能が優れているため、サンプルが 1 つでも複数でも、層間の境界面を詳しく調べることができます。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード LDIR、 8700、 Tablet Analysis、 Multi-layer、 chemical imaging、 LDIR imaging、 spectral analysis、 Agilent 8700 LDIR、 Agilent Clarity、 constituent distribution、 pharmaceutical ingredients、 APIs 
掲載年月 2018/12
ページ数 2ページ (PDFファイルサイズ 616kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)