パーム油中の PAH 分析:頻繁なクリーニングが不要で、一貫性のある結果を確実に取得

パーム油中の PAH 分析:頻繁なクリーニングが不要で、一貫性のある結果を確実に取得

Pub.No. 5991-7520JAJP

【要旨】

食品中の多環芳香族炭化水素 (PAH) は、潜在的な発がん性の影響と食品中に存在することへの関心が高まった結果として、規制の限度値が着実に低下しています。重要なマトリックス中で許容される最大含有レベルは、欧州委員会規則 1881/2006 ではわずか 1μg/kg に設定されています。複雑な食品マトリックス中でこの検出レベルを一貫して達成するには、通常、EI イオン源を頻繁にクリーニングする必要がありますが、これはラボの生産性の低下を招きます。 この資料では、JetClean セルフクリーニングイオン源を搭載した GC/MS によりパーム油中の PAH 分析を行い、正確さ、精度、堅牢性が、5 日間のラボ試験の結果によって示されましたことを紹介します。 食品、さらには乳児用調製紛乳に関する EU 規制にも容易に準拠できます。規制されている最大濃度の 5 分の 1 以下の検出限界を、長い期間にわたって優れた精度および正確さで提供します。食品ラボに続き同様の構成システムを導入したフィールドでも、同等の優れた結果が得られました。

分野 食品環境
キーワード mass spec、 jetclean、 pah anlayzer、 palm oil、 gc/ms、 gc/ms/ms、 ion source 
掲載年月 2018/11
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 721kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)