革新技術: Agilent Intuvo 9000 GC と MS/MS 多成分残留農薬の分析

革新技術: Agilent Intuvo 9000 GC と MS/MS 多成分残留農薬の分析

Pub.No. 5991-7175JAJP

【要旨】

AgilentIntuvo 9000 GC システムで HP-5ms ウルトライナートカラムを使用して農薬を分析したところ、バッチを通して一貫した結果が得られました。キャリブレーションおよびマトリックスサンプルにおいて、ピーク形状は適切に維持されています。Agilent 9000 Intuvo GC システムでのメンテナンスは、リテンションギャップの役割を果たす Intuvo Guard Chip を採用した結果、簡略化できました。リテンションタイム枠は、Intuvo Guard Chip の交換後も維持されており、分析フローがさらに簡略化されています。

分野 環境
キーワード 農薬分析、GCカラム、GC、 GC/MS、 9000、 Intuvo、 Gurad chip、 QuEChERS 
掲載年月 2017/01
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 951kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)