Agilent 1100 シリーズクォータナリ LC からAgilent 1260 Infinity II LC へのメソッド移管:抗ヒスタミン薬分析における同等性の証明

Agilent 1100 シリーズクォータナリ LC からAgilent 1260 Infinity II LC へのメソッド移管:抗ヒスタミン薬分析における同等性の証明

Pub.No. 5991-6914JAJP

【要旨】

従来の機器から新しい機器に今までの LC メソッドを移管することは、すべてのラボにとって重要なトピックです。このアプリケーションノートでは、抗ヒスタミン薬の分析に関する従来の LC メソッドをAgilent 1100 シリーズクォータナリ LC から Agilent 1260 Infinity II LC へ移管する作業について説明し、得られたリテンションタイムと分離能が同等の結果を示すことを証明します。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード メソッド移管、 抗ヒスタミン薬、 LC、  
掲載年月 2016/09
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 1.17MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)