超高感度イオン源を用いたより高速でより多くの農薬の同定

超高感度イオン源を用いたより高速でより多くの農薬の同定

Pub.No. 5991-6355JAJP

【要旨】

Agilent 農薬 DRS (Deconvolution Reporting Software) スクリーニング GC/MSD アナライザは、Agilent 7890GC とAgilent 5977B GC/MSD をベースに構成されており、多数の農薬と内分泌かく乱物質を1 回の分析で高速にスクリーニングおよび定量することができます。デコンボリューションレポート作成ソフトウェアと、農薬および内分泌かく乱物質のリテンションタイムロックデータベースにより、レポート作成を迅速に行うことができ、より多くのターゲット化合物をスクリーニングできます。5977B GC/MSD と超高感度イオン源(HES) を用いる構成では、より多くの農薬を同定でき、分析時間も短縮されます。

分野 食品環境
キーワード 超高感度イオン源、農薬、 5977B、 AMDIS、 DRS、 GC/MSD  
掲載年月 2016/03
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 151kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)