IVバッグの抽出物および浸出物の分析

IVバッグの抽出物および浸出物の分析

Pub.No. 5991-6348JAJP

【要旨】

医薬品の安全性を確保するためには、医薬品自体またはその包装材に由来する有害の可能性のある汚染物質をモニタリングすることが必要です。このアプリケーションノートでは、IV(点滴静注) バッグの溶出物を直接加熱脱着/加熱抽出し、ユニットマス分解能GC/MS システムを用いて分析しました。

分野 製薬/バイオ医薬品
キーワード 抽出物、 浸出物、 GC/MS、 Extractables、 Leachables、 Pharma Manufacturing、 Sample prep、 Gerstel、 qualitative analysis、 5977、 7200 
掲載年月 2016/06
ページ数 12ページ (PDFファイルサイズ 794kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)