植物分解物組織の総合的な金属分析

Agilent 4200 MP-AES による植物分解物組織の総合的な金属分析

Pub.No. 5991-5676JAJP

【要旨】

植物に含まれる金属の総合的な分析には多くの場合、フレーム原子吸光分析法 (FAAS) または誘導結合プラズマ発光分光分析法 (ICP-OES) が使用されています。最近になって農業試験ラボは FAAS をアップグレードするかより強力な技術に置き換えようとして、多数の利点を備えたマイクロ波プラズマ原子発光分光分析法 (MP-AES) に注目しています。MP-AESは FAAS よりも広い分析範囲にわたってより優れた検出下限を実現する多元素テクニックです。高価で、土壌施肥に広く使用される主要栄養素であるリンを含め MP-AES ではより多くの元素を分析できます。

分野 食品環境
キーワード 植物分解物組織、農業、MP-AES、 4200 MP-AES、 FAAS、 ICP-OES 
掲載年月 2016/01
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 557kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 4200 MP-AES
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

植物参照物質 ASPAC 80 に含まれる金属の総合的な
MP-AES での分析結果