コンプリヘンシブ 2D-LC による各種ビールのフィンガープリンティング分析

コンプリヘンシブ 2D-LC による各種ビールのフィンガープリンティング分析

Pub.No. 5991-5521JAJP

【要旨】

ビールは成分が非常に複雑なアルコール飲料で、水、大麦または小麦を基本原料として製造されており、多くのビールにはホップも使われています。ビール独特の苦味は主に、麦汁煮沸中にホップに含まれるα酸から生成されるイソα酸に由来します。このアプリケーションノートでは、Agilent 1290 Infinity 2D-LC による各種ビールのコンプリヘンシブ 2D-LC 分析について説明します。一次元目および二次元目にそれぞれアルカリ性および酸性の pH 値で C18 カラムを使用することによって良好な直交性を得ることができました。

分野 食品
キーワード 2D-LC、 comprehensive 2D-LC、 UHPLC、 HPLC、 LC、 fingerprinting、 Q-TOF LC/MS system、 Q-TOF、 Beer、 Extend-C18、 Poroshell HPH-C18 
掲載年月 2018/08
ページ数 6ページ (PDFファイルサイズ 838kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)