Agilent 改質燃料アナライザ : 正確で信頼性の高いデータ生成と燃焼効率の最大化

Agilent 改質燃料アナライザ : 正確で信頼性の高いデータ生成と燃焼効率の最大化

Pub.No. 5991-5043JAJP

【要旨】

燃焼効率を向上し、揮発性有機化合物 (VOC) およびその他の排出物に対する米国 EPA の厳しい規制値を順守するために、ガソリンなどの燃料は改質が行われています。たとえば、ナフサ原料油内の炭化水素分子の触媒による再構成はより複雑な構造を生成し、一方で含酸素化合物の混合はオクタン価を向上させます。しかし、処理内容にかかわらず、最終製品が規制に適合していることが確認できなければなりません。
Agilent 改質燃料アナライザは Agilent 7890B GC システムをベースに構成されています。各アナライザは、工場であらかじめテストされて出荷されるため、短いスタートアップ時間で、含酸素化合物、ベンゼン、芳香族の分析を各参照メソッドに従って行うことができます。

分野 エネルギー&石油
キーワード ASTM、 D3606、D4815、D5580、ベンゼン、 トルエン、 ガソリン、 アナライザ、GC、 
掲載年月 2016/03
ページ数 4ページ (PDFファイルサイズ 2.36MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)