火災焼残物の迅速な分析

Agilent 5975T LTM GC/MSD とキャピラリトラップサンプリング (CTS) を用いた火災焼残物の迅速な分析

Pub.No. 5991-3439JAJP

【要旨】

キャピラリカラム吸着の原理に基づいたアジレントのキャピラリトラップサンプラ (CTS) を用いて、燃焼促進物を確認する画期的なメソッドの開発について説明します。CTS には、空気中の飛散物や有毒な化合物を 1 分以内に素早くサンプリングできるという利点があります。

分野 法医学一般化学(スペシャリティケミカル)国土安全保障
キーワード 火災、燃焼、焼残物、GC、GC/MS、キャピラリトラップサンプラ、CTS、オクタンガソリン、5975、LTM  
掲載年月 2014/04
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 371kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 5975T LTM GC/MSD
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

97# ガソリンのSPME による結果。
A) TIC およびB) m/z 91 のEIC