LC/MS 用サンプル前処理の自動化

LC/MS 用サンプル前処理の自動化 :溶液中酵素消化と脱塩処理の自動化を可能にするハイスループット型試料前処理システムAgilent AssayMAP Bravo プラットフォーム

Pub.No. 5991-2957JAJP

【要旨】

LC/MS 分析のためのタンパク質およびペプチドの試料前処理は、依然として手作業による個別の操作に頼ったワークフローで行われているため、作業効率が劣り、大規模解析への対応を困難にしています。多くの場合、手作業によるワークフローでは、妥当な再現性を得るためには、スキルの高い分析者に頼る必要があります。また、たいていのケースでは、ワークフローに内在するものとして、大きな測定誤差も許容せざるを得ないのが現状です。このような問題に対処するために、一般的に LC/MSプロテオミクスワークフローにおいて利用されているルーチン試料前処理作業を、AgilentAssayMAP Bravo プラットフォームを用いて自動化しました。

分野 製薬/バイオ医薬品プロテオミクス
キーワード 自動化、サンプル前処理、酵素消化、脱塩、LC/MS、AssayMap、 Bravo、  
掲載年月 2014/02
ページ数 10ページ (PDFファイルサイズ 2.08MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
AgilentAssayMAP Bravo プラットフォーム
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

Agilent AssayMAP Peptide Cleanup プロトコルの
ユーザーインターフェースと BSA 消化物の
クリーンナップに使用するパラメーター