室内および車内空気のモニタリングにおける加熱脱着の分析性能の最適化と応用範囲の拡大

加熱脱着 (TD) 技術サポートノート 28 : 室内および車内空気のモニタリングにおける加熱脱着の分析性能の最適化と応用範囲の拡大

Pub.No. 5991-2827JAJP

【要旨】

加熱脱着 (TD) は、標準的なガスクロマトグラフィパラメータにもとづく手軽な自動ガス抽出技術で、従来の溶媒抽出に代わる、効率と感度の優れた手法です。分析的加熱脱着 (TD) は、基本的には GC および GCMSなどの気相分析システムに対応するガス相導入テクニックです。TD プロセスでは、サンプル前処理/採取、選択的濃縮、分析対象物の抽出、注入といった多くの分析前手順が、労力の少ない単一の自動手順に組み込まれています。このプロセスは、微量 VOC の測定に広く用いられています。

分野 環境
キーワード 大気、加熱脱着、TD、GC、GC/MS、 VOC、  
掲載年月 2013/11
ページ数 11ページ (PDFファイルサイズ 1.31MB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

吸着剤チューブのベンゼン 30 pg。
空気 1 L 中 10 ppt に相当