水サンプル中揮発性ハロゲン化炭化水素および芳香族炭化水素と有機リン殺虫剤の分析

Agilent 7890B GC システムと7697A ヘッドスペースサンプラを用いた水サンプル中揮発性ハロゲン化炭化水素および芳香族炭化水素と有機リン殺虫剤の分析

Pub.No. 5991-2787JAJP

【要旨】

3 つの検出器(FID、ECD、FPD) で構成した Agilent 7890B ガスクロマトグラフを用いて、水中の揮発性ハロゲン化炭化水素および芳香族炭化水素と有機リン殺虫剤を分析しました。このシステムでパージなし CFT スプリッタとヘッドスペースサンプラを用いることで、芳香族炭化水素とハロゲン化炭化水素の同時分析が可能になります。

分野 環境
キーワード 揮発性ハロゲン、芳香族炭化水素、環境水、殺虫剤、有機リン、GC、 ヘッドスペース、スプリッタ、FID、 ECD、 FPD 
掲載年月 2014/01
ページ数 8ページ (PDFファイルサイズ 350kB)

アプリケーションノートを見る(PDF)

使用分析装置
使用分析装置 イメージ画像
Agilent 7697A ヘッドスペースサンプラ
見積フォームを開く
分析結果の一例

分析結果の一例 イメージ画像

クリックして拡大表示ができます。

濃度0.05 mg/L の有機リン殺虫剤標準のクロマトグラム